キャバクラ嬢と風俗嬢の外見の違い

出張先で、先輩に夕食をおごってもらいました。海の幸を堪能したのですが、それからM性感の風俗に誘われました。東京の池袋に、キャバクラとヘルスが一体になったM性感の風俗店があるというのです。行ってみると、まずキャバクラのように、席についてお酒を飲むのですが、あまり度数の高いお酒は出てきません。また量も少なめでした。女の子がついてくれますが、あの子がいいと思ったら見かけた子を呼んでも良いシステムでした。なるほどなあ、と思ったのですが、なにか違和感がありました。キャバクラっぽいのにキャバクラっぽくないのです。悩んでいるうちに、先輩はさっさと女の子を選んで奥の部屋に行ってしまいました。私は残った女の子のうちボディタッチを繰り返してきた子と一緒に奥の部屋に行きました。服を脱いでシャワーを浴びた時に気づいたのですが、急に店に入ってからの違和感の正体がわかりました。髪型です。働いていた女の子の髪型がみんなシンプルでした。そういえば風俗の女の子は、シャワーを浴びるせいかあまり髪型に凝った子がいないです。もしかすると、風俗嬢とキャバクラ嬢を何人も並んでもらったら、髪型で、ある程度判別がつくのかもしれない、と気づきました。プレイはまさにM性感でした。まずは、言葉責めで、ずっと変態呼ばわりされていました。次に、睾丸マッサージです。玉を舐め舐めしながら、棒をしごいてもらいました。そして、M性感にはつきものの、前立腺マッサージです。完全に恥さらしな格好で、M性感の醍醐味を味わいました。こうして、変な形態のM性感で、大きな快感を得る事に成功しました。また、機会があれば、東京の池袋にあるM性感店に行きたいです。

関連記事

ページ上部へ戻る