初の痴女体験

三人寄れば文殊の知恵、なんて申しますが、男三人が集まってする話なんてのは、大抵がくだらないことであると相場が決まっています。その中でも、ある意味最もポピュラーなのが風俗での体験です。酒の席なんかで、よくやりますよね。あのヘルスは本番やらせてくれただの、いやいや俺なんて生中出しだっただの、嘘丸出しであってもそういった話はなかなか興奮するものなんです。男というのは、単純明快さが売りの生き物ですからね。私の友人のひとりで、なかなかの風俗狂いがおります。私が行く風俗は、大体がこいつから教えてもらったところです、今のところ、ハズレはないですね。しかし、友人の趣味なのかMっぽい痴女がお相手となる事が多いです。まあ、私も好きですがね。例えば梅田のとあるヘルスなんかは、店舗型だったのですがエレベーター内でキスをされ、さらにフェラをされながらゆっくりと部屋まで向かうなんてど変態丸出しのプレイができました。人生初の、アナルセックスもできましたしね。私にとって、人の風俗話や痴女体験は、私が風俗へ行くための情報収集みたいなものなんですよね。まあ、話半分に聞くことにはしておりますが、そういった日々の探求が、快楽へと導いてくれるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る