友達が痴女とプレイした話

自分が風俗に行く時は、いつも一緒に遊んでいる戦友がいます。その時の風俗自分が風俗に行く時は、いつも一緒に遊んでいる戦友がいます。風俗でプレイしたその時の良し悪しを後でじっくり語り合うのがとにかく楽しいです。ひとりで行くと地雷に遭遇した時に最悪の気分になるだけですが、友人がいればそれはそれで笑えるネタになりますし、飲んでしまえば悪い気分をそこまで引きずらなくて済みます。風俗には戦友がいると本当に心強いものです。 ある日いつものように友人と遊ぶことになりました。勢いをつける為に軽くアルコールを摂取して、その日はデリヘルを利用することにしました。最近自分はデリヘルでの新規開拓に失敗し続けているので、その時は無難にオキニ嬢を呼ぶことにしました。逃げ腰の自分に友人からはビビリ扱いされましたが、この日ばかりは絶対に失敗したくなかったのです。友人だけ新しい店の女の子を呼ぶことになり一度解散しました。 その後、自分はいつも通り満足できた状態で彼と再開したのですが、彼もニヤついた感じでとっても満足気な顔をしていました。彼が相手をした嬢はかなりの痴女だったそうです。友人はどちらかというとMなので、責め好きの痴女にはビンビンなはずです。欲張ってハードな責めを要求したらしく、興奮しすぎておかしなテンションになってしまったようです。それ以来、彼はその痴女を何度も指名するようになりました。良し悪しを後でじっくり語り合うのがとにかく楽しいのです。

関連記事

ページ上部へ戻る