私の痴女風俗体験記

東北地方の南の地域です。風俗といえば、圧倒的にデリヘルが多いのですが、この地域では、痴女に責められるプレイができるM性感の店というのがあり、興味本位で利用してみました。店名は、リスキーハビットとかだったような。あまりSMには興味がありませんでしたが、どんなことができるのか、わくわくしていました。すると、呼ばれて出てきた子は、いかにも女王様といった感じのちょっと太めの子でした、年は20代半ばか30代前半くらいでしょうか。痴女プレイなので、女の子に責められる一方です。ですので、こちらからは基本的に何もできない感じだったので、ちょっと不思議な感じでした。女の子の露出も、女王様の格好からの露出もなく、本当に私が一方的に責められました。初めてだった私に、どういう感じがいい?と聞かれ、まったくの初心者だったのですべてお任せといいました。すると、裸になって四つん這いになってと言われ、なんとも恥ずかしいワンワンスタイルになりました。すると、女の子が、私のおしりの穴に指をゆっくりと入れながら「どうだい、気持ちいい?あら、こんなに恥ずかしい、みっともない格好になっちゃって」なんていわれながら、おしり攻めが始まりました。そのあと、仰向けになれと言われて、仰向けになると、手錠をされ、しかも目隠しもされました。すると、どう?こんなの?といわれ、今度は私のムスコを手コキ攻撃です。私がたまらなくイキそうになると、いっていいなんて誰が言った?と寸止め地獄です。このやり取りが2,3度続き、結局耐えられずにフィニッシュ。責められる一方のプレイでしたが、なんか、アイマスクに手錠にと初めてづくしで、いい痴女の経験になったなあと思いました。

関連記事

ページ上部へ戻る