妄想が卑猥な方向へ行った痴女

標準語でかわいくて美人の女の子がいました。いたところは、大阪の小さなボロボロのちょんの間です。関東で厳しい家庭で育てられました。しかし、小さい頃からエッチに興味があり、妄想が好きでした。そして妄想を実現するために、ここちょんの間にいるのです。私があったころには妄想が高じてだんだん痴女になっていました。彼女は関東の女子大生です。しかし、親友が関西の大学に行ったことで思いついたのです。小さい頃からの妄想を実現しようと。エッチに興味あった彼女は、だんだんたくさんの男の人に犯されるということに興味が行ってしまいました。なので、親友のところに行くということで、一番情報が見つからないちょんの間に来たのです。ちょんの間は30分程度ですから、一晩に何人の男に犯されます。彼女の欲望を実現するには最適な環境でした。ところが妄想は止まりません。卑猥な方向へと行きます。完全に痴女の域まで行きました。彼女はかけられたされた精液を洗わないまま、次々にプレイするようになったのです。男の方は、濡れていると勘違いするのであんまりわかりません。それをいいことに彼女は、一晩にたくさんの男の精液を腹に貯めるという行為です。「もう、たくさんの男の人の精液が私のおなかこの上でぐちゃぐちゃになっている」って考えたら興奮してね、かえってそれで妄想してオナニーするの」という完全な変態でした。幸い私は早い時間で、口開けであたったので大丈夫でしたが。「今度来るとき受付で名前言ってね。そうしいたら、おなか綺麗にしておくから」と見た目は美人の女の子は笑って送り出しました。

関連記事

ページ上部へ戻る