真のM性感に出会ってみたい

M性感という言葉を初めて耳にしたのは随分前のことです。 今ではどの風俗店でも見掛けるフレーズですが、以前はもう少し神秘的と言いますか、限られたM性感しか出来ないテクニカルなジャンルだったような気がします。 ぼくが初めて体験した頃は基本がパウダーマッサージで後半は前立腺のマッサージでした。 ゾクゾクするようなソフトタッチで責められる感覚でしたが、焦らし効果も手伝って体以上にイメージで感じることが前提だった気がします。 正直期待が大き過ぎて本当に気持ちいいのかどうか曖昧でしたが、ある程度は思い込みも必要だったようです。 よく利用したのは五反田、目黒界隈の出張性感でしたが、今は性感エステと謳いながらほとんどかつてのヘルスと変わらない店も増えてしまっているようです。 結局ペニスに刺激を与えて逝かせるサービスに近くなってきてしまうので、それだけ本当の性感エステシャンを見つけるのは難しいのかもしれませんね。 せっかくなら味わったことの無いオリジナリティのある施術で感じてみたいものです。 かつては技術が印象に残る女性も何人かはいましたが、最近はどうなんでしょうか? あまりにいろんな刺激に慣れてしまって、さらなる快感を求めるとなると相当男の体を熟知した女性と出会わない限り無理かもしれません。 でも諦めずに見つけてみたいものですね、真の性感エステができる女の子を。

関連記事

ページ上部へ戻る