はまってしまった童貞

主人の友人は30歳まで童貞。女性とお付き合いをしたこともありませんでした。そんな彼を心配した友人たちがキャバクラやセクキャバに連れだし性に開眼。そして禁断の風俗デビュー。しかしそこは本番NGのお店。べろちゅーと下に指を入られれると大喜びで通っていました。しかし、そんな彼がM性感のお店に行ってしまったのです。出張先での念願の初M性感体験。しかし体験したのは九州のとある県。彼が住むのは関西。一度きりになるかと思いきや、どはまりした彼は九州まで新幹線で通うことに。1〜2か月に1度、2泊3日ほどで行くのです。現地では観光やグルメなどには一切興味を見せず、ひたすら性感エステ。そのお店は男性が先生役で嬢が生徒役で「征服脱ぎなさい」みたいな感じで進むようです。性感エステ嬢のブログに彼のことが紹介されるくらいの常連さんになっていました。「今日は○○から△さんが来てくれたしかもロングでおみやげまでもらっちゃった!」という風に・・・それをうれしそうに見せる彼。大丈夫なのか?やめとけ!とはだれも言えない状態です。彼はM性感遠征費用の捻出するために、食費の大幅削減に踏み切りました。毎日白菜鍋。すっかり痩せて少しいい男になりました。彼のM性感遠征はまだまだ続くようです。

関連記事

ページ上部へ戻る