手コキで歪んだM願望を満たしてみた

たまたまふらりと入ってみたM性感店、かなり寂れている建物なのですがそれがなんだかアングラ的な雰囲気が出ており想像力をかきたてられました。寂れている店だから、ヘルス嬢もおばあちゃんとかでっぷりしたおばちゃんだったら嫌だな、と思ったのですが結構当たりなヘルス嬢がおでまししました。顔がべらぼうに可愛く、色がかなり白く、黒い下着を着ていました。やや残念なのが体が貧相なのですが、それがなんだか少年のような少女のような不健全なイメージを連想し、これはこれで楽しめる、とわくわくしました。さて、肝心なのはテクニックですが、最近はまっている手コキをしてもらいました。貧相な体の風俗嬢に手コキでペニスを踏まれている、大の男である自分が惨めでありエキサイティングでした。下着を脱いではくれなかったのですが、それがまた上下関係の現われのような気分になり、下等生物の自分が価値のある可愛い年下の女性に手コキでいびられているシチュエーションが、自分の歪んだM願望を喜ばせました。風俗嬢は手コキに慣れていないようだったのですが、自分は雰囲気に釣られて早々に手コキのみで射精をしてしまいました。風俗嬢の下着に精子がついてしまったのですが、怒られてしまい、それに喜んでしまいました。

関連記事

ページ上部へ戻る