M性感で異様な興奮をあじわう

僕は風俗は大好きで色んなジャンルにチャレンジしました。ソープ、ピンサロ、イメクラ、熟女に外人・・しかし何故か本能的に『M性感』だけは避けてきました。あの世界は独特です。理解できません。しかし好きなAV女優がSMのストーリーの作品に出演し、それを観た事がきっかけで少し興味が湧き、ネットの無料動画で観るようになりました。そのうちM性感しか見なくなり、そうなると次は「体験」したくなるのは当然の流れでした。昔は一部のマニアだけの少数派、というイメージが強かった「M性感」ですがネットで店を検索すると意外なことに沢山ヒットし、サービス内容もそんなにハードでは無くて「敷居」は高く無い感じでした。大阪の十三のある店に白羽の矢を立て、早速M性感の風俗店に行ってみることにしました。店の内装はやはり独特なムードでしたがシステムや受付の手順はヘルスやピンサロと大差無く、「こんな感じね」と安心して時間待ちしました。僕は絶対に「M]であり、普通の風俗でも「痴女」系は未経験でした。大人しい雰囲気の女の子をパネルで選びMコースを選択して、出てきたのはいかにも弱気そうな倉科カナ風の子でした。やはり願望としては「縛りたい」というのがあったので「ボンテージテープ」と「目隠し」を無料オプションで頼み、いざM性感プレイになりました。初めての経験はいいもので、縛られているとそれだけで興奮してきます。言葉は普通です「縛られたい」とかはまだ恥ずかしくて言えません。でも女の子の方はM性感の演技で「痴女」キャラになっていました。M性感だと、自分をどこまでも曝け出せます。10分で一発目を発射すると、私は手を縛られてるので精液を処理できずのもぞもぞしてしまいます。それを見て、痴女は興奮が一気に上昇しているようでした。思わず声を出したくなる様な異常な興奮を覚え、2回目3回目も連射しました。M性感恐るべし。こんなに風俗で出したのは何年かぶりでした。やっぱりこんな隠れた性癖もあるんだな、と思う一日でした。その日から、大阪の十三にあるM性感の店には頻繁に通っています。

関連記事

ページ上部へ戻る