本番を望んでいるかのような嬢

M性感のデリヘルを呼ぼうと思ったのですが、最初、二番目とも、好きな女の子が欠勤でした。別に第二希望の子でも良かったのですが、二つ断ってしまうと、なんだか妥協したくなくなってきて、三番目のお店もやはりきちんと選びたくなって、結局失敗しました。四番目も失敗して、もう頼んだことがあるお店がなくなってしまいました。結局、頼んだことのないM性感のお店を選んで来てもらいました。女の子はかわいかったのですが、問題がありました。シャワーを浴び、ベッドでプレイが始まりました。その頃は良かったのですが、口でしてくれて、さらに69の態勢からスマタに移行したときのことです。ペニスの先が入りそうになりました。私は思わず腰を引いてしまいました。正直もったいないことをしたと思ったのですが、また先が入りそうになります。その時、彼女が家に入る時、本番行為は罰金だと言っていたのを思い出し、急いで腰を引きました。それからも、彼女は何度も挿入させるような動きをしてきます。私は腰を引きます。その間私たちは無言です。もしかしてM性感のサービスで挿入させてくれようとしているのか、とも思いましたが、もしものことを考えるとこわいです。そうこうしているうちに、スマタで発射していました。彼女は一切、本番しかけたことについて無言で、最後まで謎のM性感でした。

関連記事

ページ上部へ戻る