M性感の楽しみ方:顔面騎乗とは?

顔面騎乗

 

顔面騎乗を皆さんはご存知でしょうか?すでにM性感で遊ばれた方にとっては通常のプレイの一部として捉えている方もいると思います。しかし、この顔面騎乗はM性感以外の風俗では、あまり味わうことの出来ないプレイになります。このプレイの特徴として、M性感ならでの、痴女がお客様を責め立てるプレイの一種となります。それでは、顔面騎乗についてご説明していきましょう。M性感での顔面騎乗は、痴女が貴方の体を一方的に責めている流れの中で、貴方の頭に痴女の陰部を持ってきます。ここでは、半強制的に痴女の陰部を犬のように舐めてあげることになります。M性感は基本的に、痴女が貴方を一方的に責めるのですが、唯一と言っていいくらい、顔面騎乗では痴女を責めることができます。しかし、客観的に見ると責めているというよりも、責めさせられているという表現の方が正しいかも知れません(笑)。中には、M性感はやってみたいけど、クンニをするのはもともと好きでない方もいらっしゃるかと思います。そのような場合には、事前に店舗側へその旨を伝えることで、M性感のサービスの中から顔面騎乗が省かれるようです。
 
 

▶ 顔面騎乗の心得

M性感の顔面騎乗での心得として大切なことは、①嫌がらない②思いっきり責める③痴女の言うなりになってプレイする。この3つになります。それでは、一つ一つの心得についてご説明していきましょう。
 

①嫌がらない
 

こちらは、M性感のプレイ全てに該当するものですが、イヤイヤな気持ちでプレイをすると本当のM性感の気持ち良さを体験できません。また、イヤイヤやっていると、その気持ちは痴女側にも伝わり、痴女も遠慮してM性感プレイをすることで負のスパイラルになってしまいます。そもそも、顔面騎乗を含め、M性感のプレイをイヤイヤやっている時点でM性感のプレイの適正がないとも言えますね(笑)。
 

②思いっきり責める
 

顔面騎乗が始まった時には、今まで奥様や彼女にしたことがないくらい思いっきり責めてあげてください。M性感では全てのプレイで思いっきりやることで、M性感で得られる興奮は何倍にもなります。ここで手を抜いてしまうと、プレイが終わった後の満足感が少し減ってしまう可能性があるので気をつけてくださいね。
 

③痴女の言うなりになってプレイする
 

M性感のプレイ中は基本的に痴女の言いなりになってください。これが出来ないと、M性感プレイはスタートできません。痴女の方は、貴方の性癖や望むプレイをある程度知ってからM性感プレイに入るので、基本的には貴方が嫌なことはしません。だからこそ、お店と痴女を信頼して、貴方の身を全面的に任せてみて下さい。その先には考えられないほどの快感が待っているはずです。

関連記事

ページ上部へ戻る